mamoru_header-logo.jpgmamoru_header-logo.jpg

mamoru_top_tel-03.jpg
mamoru_top_contact-04.jpgmamoru_top_contact-04.jpg

mamoru_gn-intro.jpgmamoru_gn-intro.jpgmamoru_gn-byouki.jpgmamoru_gn-byouki.jpgmamoru_gn-setsubi.jpgmamoru_gn-setsubi.jpgmamoru_gn-syoujyou.jpgmamoru_gn-syoujyou.jpgmamoru_gn-stuff.jpgmamoru_gn-stuff.jpgmamoru_gn-access1.jpgmamoru_gn-access1.jpg

HOME > 眼の病気(飛蚊症 )

mamoru_title_byouki-64.jpg

mamoru_title_byouki-74.jpg

飛蚊症とは

mamoru_title_line.jpg

明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。このような症状を医学的に『飛蚊症』と呼んでいます。

飛蚊症の原因

mamoru_title_line.jpg

眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。
角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。ところが硝子体に何らかの原因で“濁り”が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。この“濁り”には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

生理的原因

mamoru_title_line.jpg

15.jpg歳をとると硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の症状をもたらしますが、髪が白髪になるのと同じようなもので、生理的な現象です。また、若い人でも強度の近視の場合には、この硝子体剥離が早期に起こりやすく、しばしば飛蚊症の訴えがあります。眼科の検査において、このタイプの飛蚊症と診断された場合は治療の必要はなく、多少うっとうしいと感じますが、慣れれば特に問題はありません。
<アドバイス>
通常、硝子体剥離自体は病気ではありませんが、ときに網膜裂孔や網膜剥離という病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。定期的に検診を受けるか、『浮遊物』が急に多く見えるようになったら、早急に受診してください。

病的原因

mamoru_title_line.jpg

1)網膜裂孔・網膜剥離
 
網膜に穴があいたり(網膜裂孔)、網膜が剥がれてしまった状態(網膜剥離)では、しばしば飛蚊症を自覚します。光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することも多いです。病状が進んでくると視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)や視力低下が起きます。適切な治療を行わないと、失明する危険性が高い病気といえます。

2)硝子体出血
 
16.jpg糖尿病や高血圧、外傷、などが原因で硝子体の中に出血することがあります。ひどい出血の場合は、目の前に墨が垂れてきたような見え方や、霧がかかったような見え方をしますが、出血が軽度の場合は飛蚊症として自覚されることがあります。最初は軽症であっても、日に日に影が濃くなるようであれば、出血が続いていると考えられます。

3) ぶどう膜炎
 
一部のぶどう膜炎では硝子体に濁りを生じるため、飛蚊症を引き起こします。ぶどう膜炎の場合は、羞明感(まぶしく感じること)・眼痛・霧視(かすみがかかったように見えること)・充血・視力低下を伴うことが多いです。

<アドバイス>
飛蚊症を初期症状とする病気は、いずれも早期治療が重要です。見える『浮遊物』の数が増えたり形が変わったり、視力の低下を自覚するようなら、直ちに眼科医に相談してください。 飛蚊症のほとんどは病気でないものですが、ときに思いがけない病気が原因となっていることがあります。症状を感じたら早めに眼科で検査を受け、医師の指示に従ってください。早期発見、早期治療があなたの目を守ります。


ドライアイの治療

mamoru_title_line.jpg

1)点眼薬 
症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤などが用いられます。
2)涙点プラグ 
涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。プラグの大きさや材質など、いろいろなものが開発されています。
3)悪化要因の除去 
長時間のVDT作業や運転では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。また、涙の状態を悪くさせる内服薬、コンタクトレンズ装用などを減らすことも一つの手です。
4)その他
目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの設定を変えるなども有効です。メガネの周りに覆いを付けることも目の周りの湿度を上げるのに有効です。また、コンピューター、TVの画面を眼より下に置くようにしましょう。

mamoru_select_byouki-76.jpgmamoru_select_byouki-76.jpgmamoru_select_byouki-77.jpgmamoru_select_byouki-77.jpg
mamoru_select_byouki-78.jpgmamoru_select_byouki-78.jpgmamoru_select_byouki-79.jpgmamoru_select_byouki-79.jpg
mamoru_select_byouki-80.jpgmamoru_select_byouki-80.jpgmamoru_select_byouki-81.jpgmamoru_select_byouki-81.jpg
mamoru_select_byouki-82.jpgmamoru_select_byouki-82.jpgmamoru_select_byouki-83.jpgmamoru_select_byouki-83.jpg
mamoru_select_byouki-84.jpgmamoru_select_byouki-84.jpgmamoru_select_byouki-85.jpgmamoru_select_byouki-85.jpg

mamoru_icon_top.jpgmamoru_icon_top.jpgmamoru_icon_intro.jpgmamoru_icon_intro.jpgmamoru_icon_byouki.jpgmamoru_icon_byouki.jpgmamoru_icon_setsubi.jpgmamoru_icon_setsubi.jpgmamoru_icon_hajimete.jpgmamoru_icon_hajimete.jpg
mamoru_icon_staff.jpgmamoru_icon_staff.jpgmamoru_icon_syujyutu.jpgmamoru_icon_syujyutu.jpgmamoru_icon_syoujyou.jpgmamoru_icon_syoujyou.jpgmamoru_icon_address.jpgmamoru_icon_address.jpgmamoru_icon_QA.jpgmamoru_icon_QA.jpg

mamoru_side_time-12.jpg

mamoru_side_ope-48.jpgmamoru_side_ope-48.jpg

mamoru_banner_kidsroom-99.jpgmamoru_banner_kidsroom-99.jpg

mamoru_side_byouki-13.jpgmamoru_side_byouki-13.jpg
mamoru_side_byouki-14.jpgmamoru_side_byouki-14.jpg
mamoru_side_byouki-15.jpgmamoru_side_byouki-15.jpg
mamoru_side_byouki-16.jpgmamoru_side_byouki-16.jpg
mamoru_side_byouki-17.jpgmamoru_side_byouki-17.jpg
mamoru_side_byouki-18.jpgmamoru_side_byouki-18.jpg
mamoru_side_byouki-19.jpgmamoru_side_byouki-19.jpg
mamoru_side_byouki-20.jpgmamoru_side_byouki-20.jpg
mamoru_side_byouki-38.jpgmamoru_side_byouki-38.jpg
mamoru_side_byouki-39.jpgmamoru_side_byouki-39.jpg
mamoru_side_byouki-40.jpgmamoru_side_byouki-40.jpg