ものが二つに見える(複視)
mamoru_title_line.jpg

両目で見たときにものが二つに見えることを複視といいます。これが現れるのは両目の視線が一致していないことが原因で、眼球を動かす外眼筋の異常が疑われます。外眼筋の麻痺を起こす疾患として、重症筋無力症、脳血管障害、筋ジストロフィ、甲状腺眼症、外眼筋炎、多発性硬化症、眼窩骨折、眼窩腫瘍などがあります。糖尿病でも外眼筋の麻痺が起こることがあります。
 片目で物を見たときに2つに見える場合、眼球内になにか異常があることが多いものです。水晶体の位置がずれてしまっている水晶体脱臼や水晶体偏位、虹彩が傷ついている虹彩離断などが考えられます。そのほか、乱視や白内障でも物が2つに見えたりします。