視野に光が見える(光視症)
mamoru_title_line.jpg

光はいつも見えるのか、周囲が暗くても明るくても見えるのか、大きさ、光の来る方向、見えている持続時間など、光の見え方が重要です。
 光が常に同じ方向に見えて、明るくても暗くても変わらない場合は網膜剥離が疑われます。多くは視野欠損、飛蚊症を伴います。
 また硝子体が加齢によって変性して、眼底から浮き上がる硝子体剥離が起こるとき、網膜との癒着が強いと網膜が引っ張られ、それに伴って光が走るようになります(光視症)。この閃光は目の周辺で起こることが多いようです。癒着がとれると光は消失します。硝子体剥離自体は心配のないケースが多いのですが、まれに網膜剥離を起こすことがあります。
 ギザギザになって稲妻やのこぎりのように見える光が数分続いて見えたあと、頭痛を覚える場合は、脳の血管障害によるものが考えられます。閃輝暗点と呼ばれ、片頭痛の持病を持っている人が繰り返し訴えます。片頭痛ならそれほど心配はいりませんが、念のため、ほかの脳血管障害などが隠れていないか、神経内科などを受診しておきましょう。