物が歪んで、小さく見える(歪視、変視症)
中心が見にくい
mamoru_title_line.jpg

中心性漿液性脈絡網膜症、加齢黄斑変性、網膜上膜、黄斑円孔などで見られます。
中心性漿液性脈絡網膜症では中心暗点のほかに、物が歪んで見える、暗く感じる、ものが小さく見えるなどの症状が現れます。多くは片方の目だけに現れます。過労やストレスが原因とされ、働き盛りの男性に多く見られます。網膜上膜は網膜の上に膜が張ってしまう疾患です。症状が強い場合には手術治療が必要になります。黄斑円孔は網膜の中心部である黄斑に穴が開く疾患です。手術治療が必要になります。